· 

大人の女子力

 

「女子力」という言葉が当たり前のように使われている、今日この頃。

 

 

「・・・さんて、女子力高くて見習わないと!」

「最近、すっかり女子力が落ちてきてまずい!笑」

 

 

恐らく、女性同士の会話の中で、この言葉が出ない日はないくらいに 、

日常的に、この「女子力」というものに

フォーカスする場面に遭遇しますね。

 

 

そもそも「女子力」ってなんでしょう?

いろいろと調べつつ、私なりに考えあぐねてみました。

 

 

・・・・・・・

 

・スカートが多く、女性を感じさせるファッション

・ハンカチ、メイク用品、エチケットグッズ、部屋、下着・・・

持ち物や、見えない部分にも女性らしさを忘れない気遣い

・自分に似合うものを知っていて魅せ方が上手

・笑顔が素敵

・清潔感

・向上心

・丁寧な言葉遣い

・周りも自分も気遣える力

・色気と知性のバランス

・女性である事を楽しむパワー

・素直に感謝を伝えられる姿勢

・一歩ひいて相手を立てる奥ゆかしさ

 

・・・・・

 

 

調べてみると、巷では、どれも頷ける回答が。

恐らく、10代、20代、30代、40代・・・

経験値を増すごとに

外面だけでなく

内側からの成熟した

「女子力」も重要になってくるよう。

 

 

深く考え出すとキリがありませんが

私なりに、「女子力」について

なんとなく整理がついてきました。

 

 

 

私事になりますが

2019年に入って

「ものづくり」の時間が随分増えました。

 

 

 

elenaromaのナチュラルパフュームの調香もそうですし

 

・春の花をぎゅっと束ねるフラワーアレンジメント

・ドライフラワーを使った、スワッグ作り

そして、今夢中になっているのが

・香るオブジェのようなアロマストーン

(→こちらは、間もなく講師としてレッスンもスタートします!)

 

2019年ももう3ヶ月が過ぎようとしていますが

ここ3ヶ月、いくつかピンときたことを、まず、体験してみています。

 

 

フラワーレッスンのスクールにて

先生との何気ない会話で

きっと生涯忘れないであろう言葉に

出会えました。

 

 

その先生は、50代の女性。

お花の先生の前は、心理カウンセラーをされていたそうです。

 

 

「何かに夢中に、無心になれる時間って

大人になって、随分減ってきた気がします。

常に、先のことや、家族のこと、仕事のこと、片隅にありますから。

今この瞬間、無心で何かに触れて、

童心に帰って、丁寧に何かを創り上げる。

そんな時間が、心にとってこれほど大事なんだって・・・。」

 

そんな私の言葉に対して

 

 

先生曰く

 

 

「カウンセリングももちろん大切だけど

五感で美しいものに触れるという豊かな時間に

どれだけ人の心を癒す力があるのか・・・

それに気づくのに50年かかりました。

回り道をしたけれど、

今、こうしてフラワースクールの講師という天職に出会えて

全て、無駄な道程ではなかったと思っています。」

 

 

 

力を入れすぎると、ポキっと折れてしまう・・・

がさつに粗雑に扱うと、仕上がりがちっとも美しくない・・・

 

 

繊細な素材を想い

優しく大切に丁寧に扱い

無心で何かを創り上げる

 

そんな時間は

 

 

巡り巡って

 

 

「自分を大切に、丁寧に扱う」

 

 

ということに繋がると思うのです。

 

 

 

自分を知り

自分を大切に丁寧に扱うことができるからこそ

他者に対しても

そのような心を持つことができる。

 

 

隅々に意識を行き届かせつつも

力みなく

自分自身が心地よく

フィットする生き方を纏って

心が満ち、泉のように、

女性性も溢れる。

 

 

それが

 

 

「女子力」という言葉の

根底にあるのではないのでしょうか。

 

 

 

きっと、「女子力」も

歳を重ねるごとに

「人間力」と

重なりあってくるものかもしれませんね。

 

 

 

 

elenaromaでは

現在、レッスン開講はしておりませんが

 

お気軽に体験でき

大人の女子力が間違いなくUPする(笑)

 

「大人女性のためのアロマストーンレッスン」

 

を5月、開講します。

 

 

詳細はまた、4月中旬頃に。